洗面室の水周りでは洗濯機関係の排水管・水漏れ対策が必要

一般的な住宅で洗濯機を室内に置く場合は、ほとんどが洗面室になります。洗面室の水周りのトラブルの多くは洗濯機とその周辺の水漏れに集中しています。



■洗濯機の水漏れトラブルナンバーワン

非常に多いトラブルは洗濯機用の排水管にごみがつまって水があふれたというケースです。洗濯機を使えばかなりの量の繊維ごみが出ます。これが水とともにスムーズに排水管から外部に排出されればよいのですが、長年使用しているうちに排水管がつまるのです。日常的なチェックが難しいために気づくのが遅れがちになるという面もあります。





■排水詰まりのチェックは洗濯機の移動が重要
洗濯機の排水管に問題が生じていないかどうかをきちんと調べるには、重たくても洗濯機を移動させる必要があります。移動させた状態で排水管のチェックをおこない、異物や繊維などが絡まってつまりかけていたら除去します。その後で少量の水を流し、問題なく排水されれば当面は大丈夫ですが、取り除いたのにスムーズに排水されない場合は、視認できない部分がつまりかけている可能性もあるので、専門業者に対応してもらうことが安全です。

■排水ホースや蛇口からの水漏れ

排水管がつまる事以外にも、洗濯機関係の水漏れトラブルは多数あります。古い洗濯機の場合は排水ホースが破損して水が漏れます。洗濯機の蛇口のナットからの水漏れも多いです。ナットが緩んでしまったり、パッキングが劣化したことで発生しやすく、比較的染み出すような感じの漏れ方をします。一般的に四つネジニップルと呼ばれる接続部も不安定な部位なのでよく水漏れが起きる場所です。



■まとめ
洗濯機関係の水漏れは気づくのが遅れたら大変なことになりかねません。一番良いのは専門業者による定期点検ですが、排水ホースを洗濯機本体が踏んでいないかといった簡単なチェックは個人でもできます。洗面室の水周りで一番注意しなければならないのは洗濯機関係の水漏れなので、日常的に気をつけることが大きなトラブルを防止することにつながります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ