気づくのが遅れがちな屋外の水周りや排水管の水漏れ

家の中のどこにも水漏れは起きていないのに水道料金が跳ね上がることがあります。こういうケースでは屋外の水周りから水漏れが起きていることが多いのでチェックが必要です。屋外の水周りの水漏れは案外意識にないものです。しかも庭の水道の蛇口など漏水場所がわかる場合は蛇口 交換すればいいものの、分からない場合は地中に埋まっている配管や建物と連結している排水管などが疑われ、素人では対応が難しくなります。

■屋外の排水設備も要チェック

水周りの部品は、使用年数や使用頻度によって徐々に劣化していくことは不可避です。屋内より屋外の方が環境的には厳しいわけですから、むしろ外部の水周りには気を配るべきなのです。しかし毎日使うことは少ないために気づくのが遅れがちになります。排水溝などは日ごろあまり気にすることはありませんが、流れが悪くなった場合は目に見えない部分がつまりかけている可能性があります。梅雨時や集中豪雨の際に排水溝や排水管の処理能力を超えたら排水が溢れかえることもあり得ます。



■池の水漏れ対策

戸建ての場合は庭に池を作って鯉などを飼う人もいるでしょう。池を作る場合は水漏れを起こさないように工事に細心の注意が必要です。できた当初は問題がなくても、コンクリートの底にひびが入ったりしていつの間にか水が抜けていることもあります。最近ではこうしたトラブルが起きにくいプラスチック製の容器を使った池もあります。また屋外に設置した水道設備が水漏れしている場合は、水道料金を支払う前に、水漏れの場所を特定することが大切です。蛇口付近の水漏れであれば地表漏水なので減額は期待できませんが、自治体の水道局が埋設した水道管に原因があるのであれば減額対象になることがあります。

■まとめ
このように屋外の水周りにも水漏れの恐れは結構あるものです。日々の生活では屋内には気を配るものですが、屋外は見過ごすことも多く、その結果無駄な出費を増やすことになるので注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ