家の内外の排水管で必要な水漏れ予見と迅速な対応

家の内外の排水管で必要な水漏れ予見と迅速な対応 マイホームでの設備トラブルはいろいろあります。電気系統は停電したら困りますし、ガス漏れは危険です。とりわけ排水管などの水漏れ関係のトラブルは日常的に起きやすく、しかも場合によってはとんでもない事態になることもあります。日ごろから水が漏れる場所や原因についての知識を深め、そうした事態が起きる可能性を極力低くするためのメンテナンスが重要になってきます。
一般家庭での水周りの水漏れでは、一番深刻な事態になりやすいのはトイレですので、どの家庭でもトイレのメンテナンスや管理には気を配るものです。それに比べて、気づくのが遅れて対応が後手に回ったり、解決を先送りしがちな場所がキッチン、浴室、洗面室に置く洗濯機関係、屋外の4か所です。

■キッチンについて

屋内ではキッチンは、トイレに次いでトラブルの影響度が大きいエリアです。家事をする限りほぼ毎日使う場所です。水道管につながるさまざまな種類の水栓や、これに取り付ける浄水器などがある水周りですから水が漏れすいのです。一番わかりやすいのは水栓の先端から、ぽとん、ぽとんと滴り落ちる漏水です。実は水栓のメカニズムは結構複雑で、精密に組み合わせた部品の接続部などから水が漏れることがあるのです。素人でもある程度の対応はできますが、根本的には専門業者に診断をしてもらい、適切な部品交換や補修をしてもらうのがベストの選択です。



■浴室と洗濯機について
浴室はかなり密閉度が高い空間で、水を大量に使うのでどうしても室内の設備部品が劣化していきます。カランやシャワーの継ぎ目から水が漏れたり、浴槽のゴム栓やパッキングが劣化して水が抜けるといったトラブルが起きますし、給湯器もある程度の年月が経過すると水漏れが発生して、丸ごと交換が必要になることもあります。
また、洗濯機関係は水漏れが非常に起こりやすい場所です。洗濯機から排出された水に含まれた繊維質などが、排水口から外部にうまく排出されずに徐々につまっていくとトラブルが起きます。洗濯機はとても重く設置する場所が排水口の近辺に限定されるために、チェックがおろそかになりがちなことがトラブルの発生を防ぎにくい背景になっています。洗濯機にまつわる水周りのトラブルには水漏れもあります。洗濯機に水を引き入れるルートと、洗濯機から排水するルートがあり、それぞれを構成する細かな部品同士の接続部分が年月とともに劣化したり、緩むことによって発生します。洗濯機周りの水漏れは気づくのが遅れると床全体に水が広がるといった事態を招きかねないので日ごろから意識しておくことが大切です。

■気付きにくい屋外設置の水道について

一番気が付きにくいのが屋外の水周りです。庭の水遣り用の水道などは毎日使うことは少ないですし、排水溝の状態を気にかけることも稀です。しかし、屋外の排水溝には小石や砂、植物の葉などの異物が堆積する可能性が屋内よりも高く、排水詰まりが発生する可能性が非常に高いです。また、排水管などが地中や外壁から露出している場合には、特に紫外線や風雨の影響を受けて劣化する可能性は高いのですから、屋外にある水周りにも水漏れは起きるのだという事を自覚しておくことが大切です。


■まとめ
戸建てにしろマンションにしろ、水周りでの水漏れトラブルは、状況によっては大変な事態を招くこともあります。水が漏れ続けるということは水道代に跳ね返り、むだな出費がかさむのを傍観していることになります。また、問題は水道代だけではありません。時に水漏れは家屋に深刻なダメージを与える恐れがあります。自力ですべてを解決するのは困難なことが多いので、トラブルが起きたら専門業者に連絡するだけでなく、年間を通して定期点検を依頼するという防衛策が重要になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース